薬剤師が教えます!知って得する発酵の秘密

そもそも発酵とは何だろう

発酵とはどのようなことなのかご説明をさせていただきますね。

発酵とは…

「微生物やそれらの酵素が人間にとって有益な物質をつくり出すこと。
または有効な手段になったりすること」

簡単に言えば
目に見えないとても小さな微生物たちが人間の為に良いことをしてくれること。
これが発酵です。


発酵と酵素の違いが気になる方はこちら>>

※でも気を付けないといけないのは、
 食材の種類やその食材に混合する
 別の食材の存在、温度など様々な要因によって
 発酵ではなく腐敗に変わってしまうことがあります。

発酵腐敗では微生物の活動に明確な違いはありません。

しかし、全くの別物になります。

発酵…人間に有用なもの

腐敗…悪臭を放ったり、人間に害を与えるもの

どのように状態が変化するかによって区別されています。



発酵することが良いのは分かったけれど
具体的にどのような良いことがあるのでしょうか…


次へ

発酵食品の5つの嬉しいポイントへ進む



薬剤師が教えます!知って得する発酵の秘密